絶景舞踏

旅記事119 九份に行った。


昨日乗った大混雑の平渓線も観光客がまだ乗らないであろう早朝に乗ればガランガランで私たち以外は乗っていなかった。

 

ガラガラの平渓線

 

平渓線で逆さま

 

がらがらの平渓線を満喫したかったら頑張って起きて始発やそれに近い時刻に乗ることがおすすめ。
早い時間でも少し遅くなってしまうと、トレッキング目当ての観光客が乗り出すので、とにかく早くが良い。

私たちは始発に乗るべく5時に起きようとしたが、寝坊して5時半に起きた。

こんなに早く起きる人は誰もいなくて、ドミトリーなのでできる限り音をたてず素早く準備して宿をでた。

まだ明るくないのかな、と思っていたがドアを空けると、もう完全に日は昇り快晴だった。

今日も暑くなりそうだ!!

朝早くからあいていた饅頭屋さんでおなじみの蒸かした饅頭を買って食べながら駅に向かう。

 

車掌さん

 

ガラガラの電車に乗り込むと、こんなに早く乗り込んでくる観光客は珍しいのか、車掌さんが不思議な顔をしていた。

踊り場所に選んだ駅も、観光地ではなさそうな三貂嶺駅だったので、なんでここで降りるのかなといった顔をしていた。

 

三貂嶺駅

 

三貂嶺駅

 

駅もなかなかレトロな感じで雰囲気があった。

無事踊り終えて、折り返しの電車で瑞芳駅に戻った。

車掌さんは同じ人で、あっ戻ってきたといった顔をした。

9時には瑞芳駅に戻り、ここから今日はバスで九份に向かう。

その前に昨日はでていなかった朝市がでていたので、少し散策。

 

朝市

 

取れたてのタケノコだろうか。

 

朝市の様子

 

サラダ売っているところもあった。

 

皮をはがれたかも

 

皮をはいだアヒルは菜っ葉を加えさせられていた。ひぇ~。

 

ウツボ

 

これが何というものかしらなかったが、ウツボらしい。ムラケンも私も食べたことない。美味しいのだろうか。

 

何かをむしっているおじさん

 

おじさんは一生懸命何かの植物の皮をむしっている。これは食べるものなのか、それともお供え的なものなのか・・・。とにかくおじさんは賢明にむしっていた。

 

あんぱ~ん

 

あっアンパンマンもどきがここにもいる。ちなみにここはハンバーガー屋さんだった。

 

九份も午後になると観光客でかなり混むとの情報だったので、早々に切り上げて向かうことにした。

駅前にあったバス停で、たぶんここにくるんじゃない?と勝手に判断してムラケンと二人バスを待つ。

九份行きのバスの時刻表はそのバス停に貼ってあったのだが、その時間になってもバスは全然やってこなかった。

バスはよく遅れるから、まあいっかとひたすら待っていたら、地元の人がどこに行きたいの?と声をかけてきてくれた。

九份だというと、九份行きのバス停はここじゃなく、もう少しいった所だという。ちなみに駅前のバス停は台北に戻るバスがくる。

ありゃ、それはここにくるハズがないと、お礼を行ってそこに向かった。

九份行きのバスは駅前のバス停ではなく、駅を背にして横断歩道を渡って左方向に進んで行き、警察所の前を通り過ぎた所にある。徒歩5分くらい。

バスはいろいろなバスが通っているけれど、フロントに九份老街行きと大きくかかれているので迷うことなく乗車できるし、結構頻繁にくるみたいだった。

ひとり15台湾ドル。ちなみにここでもお釣りはでないので、ぴったり持っている必要がある。私たちは作らなかったが、便利な悠遊カードという日本のスイカみたいなカードもある。カードを作るのに100台湾ドルかかるが、チャージ式になっていてMRTの運賃は2割引きになる。MRTだけでなく、バスやTRA(台湾鉄道)でも使えるので、電車やバスを多く使う方にはおすすめ。

ピッとやれば良いだけなので、お釣りの心配もいらない。

九份には約15分くらいで到着。

 

 

まだがら~んとしている九份基山街

 

私たちが着いたのは9時過ぎぐらいだったので、観光客は少なかった。お店がまだ開いてないところもあったが、人でごった返すより断然良い。

 

芋園のデザート

 

芋園を食す。

台湾ではスイーツを毎日のように食べている。

これはかき氷の上に自分の好きなトッピングを4種類乗せて食べるもの。

 

タロイモ餅を作るお姉さん

 

超素早い手さばきでタロイモ餅を作るお店のスタッフさん。これだけ見てても美味しそう。

台北で飽きることなく食べまくったスイーツだ。

何度食べてもうまい!!

ちょっと、スイーツ食べたいから台湾行ってくるわ!そんなことをしたくなるほど美味しい!

 

芋園から望む九份の街並み

 

ここのお店から望む九份の街。なかなか綺麗だ。

 

芋餅

 

ここは長蛇の列ができていたので、気になって買ってみた。

 

芋餅の中身はきんぴらごぼう

 

草餅のなかに珍しくきんぴらゴボウみたいなものが入っていた。

後から調べたらガイドブックにも書いてある人気店だったらしい。

その他にもおみやげ屋さんや、お茶やさん、コスメのお店など沢山。

 

主人の趣味?

 

こんな怪しい仮面を並べているお店もある。

個人的にはこういったものは嫌いではないが、買おうとまでは思えない。

 

猫のショップ猫の空手

 

猫好きにはたまらないであろう猫ショップも。

 

九份の猫1九份の猫2九份の猫3九份の猫4

 

その前には猫が沢山。

 

九份老街

 

そしてこの道はジブリの千と千尋の神隠しでモチーフに使われたという噂の通り。

 

兵隊さんの頭ごしに九份老街を見てみる

 

兵隊さんの銅像越しにみた九份老街。いたって普通だったけど。

確かに千と千尋の神隠しで、こう行った街並みみたかも。

ジブリ見たくなってきた。私はジブリの中では風と谷のナウシカが一番好きだけど。

 

基山街

 

 

お昼に近くなると気づいたら人がめちゃくちゃ多くなっていて、商店街は歩くのも大変な程になっていた。

さすが、九份大賑わいですな。

人も多くなってきたことだし、私たちはこの辺で帰るとしようかな。

帰りのバスは基山街の入口まで戻ってファミリーマートを背にしてちょっと登ったところから乗った。他にも瑞芳に戻るバス停はあるけど、ここが比較的空いている。行きも帰りも無料で運行しているバスがあるが、行きは無料のバスが捕まえられなかった。無料のバスはツアーの団体が牛耳ってしまうことが多いけど、ツアー客に交じってシレっと一緒に乗ってしまうのが良い。

 

夜は瑞芳駅にある美食街に入ってみた。

 

美食街のチャーハン

 

亭主が手際よく作ってくれたチャーハン。シンプルで美味しかった。

 

胡椒餅

 

台北の西門でも食べた胡椒餅。出来立てのものをくれた。

へえ~やっぱりお店で味違うんだなあ。

ここのは台北の胡椒餅よりマイルドだった。

 

宿に帰ると大半の宿泊客はチェックアウトしていてガランとしていた。

昨日は満ベッドだったのに。

ともに泊まっている台湾人の若い女の子が一緒に夕食食べないかと誘ってくれたが、私たちは食べたばかりだったので残念だが断った。

この子はなんだかとてもチャーミングな子で一生懸命英語で話しかけてくれるのだが、どうも英語が苦手らしく自分の英語の出来なさにオーバーな手振りで恥ずかしがったり、私たちが結婚していることに気づくと、わお!ラブ!ラブ!となんだかわからないが勝手に興奮し始めたりしていた。

そんなこんなで明日は台北に戻る。

瑞芳、九份、なかなか楽しい場所だった。


 

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

ぽちっと押していただくと私たちのブログランキングが上がります。そろそろ次の国に移ろうと思います。

現在地情報はツイッターから

この時滞在していた宿はコチラ⇒FCホステル瑞芳駅

スカイスキャナーならぱぱっと航空券が検索できます。今日も私たちはスカイスキャナーで検索して、次の国をどこにしようか検討中。

エクスペディアはホテルに航空券、どっちもパパッと検索できます!