絶景舞踏

旅記事123 チェンマイ良いとこ、洗濯しなきゃ。


チェンマイは過ごしやすかった。

見所はもちろん沢山あるし、近郊ツアーも多く催行されている。

観光目的だけなら2、3日あれば十分な街の大きさだと思うが、観光というよりも暮らすような感覚の方がしっくりきた。

欧米人が多いことからレストランなどはかなり欧米色が進出していてお洒落なところが多く、昼間っからビールを飲んでいる白人のおっちゃんも結構いる。

 

レストランから見えたお寺

 

新市街、旧市街共々、レストランのテラスからは黄金に輝く美しいタイのお寺が見えたりする。

 

新市街でらんち

 

今日のランチはちょっとおしゃれなレストランでタイカレーとトムヤムクンスープ。ご飯が雑穀米入りなのは嬉しい。

かなりしっかりめの味付けだったが、クオリティー高かった。

 

お寺が多い分お坊さんもそこかしこに沢山歩いていて、まだ青年のお坊さんは外国の人に話しかけられて気恥ずかしそうにしていた。

お坊さんの顔つきはなんだか精悍でちゃんと勉強しているんだなって感じだった。

バランスよくタイと欧米が共存している。

そして、物価が安い。だから多分長期滞在者も多いことだろう。

宿泊費もバンコクに比べても安いし、食べるところは場所によりピンキリだけれど、屋台の相場は安いし美味しい。

そして治安が良いと思う。

良い感じで観光化が進んだのかな。

私たちは2日目にしてチェンマイがすっかり気に入ったのと、次の国には時期を合わせて入りたかった事があり、少しチェンマイに長居することにした。

というか気づいたら長居してたんだけど(笑)

 

旅にでて、この生活について思う。移動を繰り返し、ふと気になった土地に、絶対に行きたいと予定していた国に。旅の羅針盤は自由な選択。

チェンマイには見所のお寺が沢山あったが、観光よりもこの日はやらなきゃいけないことがあった。

調べごとの時間は結構必要だけど、部屋の掃除はしなくて良い、ご飯も作らなくても良い。

なんという生活!!

しかし、変わらずやり続けること。

それが・・・洗濯!!

出た!おなじみ(笑)

洗濯もやらなくて良い生活って、毎回服を買うか、お手伝いさんを雇うか・・・。

あっ、お手伝いさんがいる暮らしっていうのは、家事全般をやらなくて良いのか!お手伝いを雇えるぐらいの生活水準だったら、今の私たちのような生活も余裕で出来ちゃうんだろうな。しかも良いホテル、より快適な移動手段で!

とかなんとか妄想を働かせてわくわくしながら、現実はコインランドリーに大量の洗濯物を持って行くのだった。

 

コインランドリー外観

 

チェンマイでのコインランドリーはターペー門から新市街の方に出て左手に2、3分程進むと大きめなのがある。

 

川沿い

 

コインランドリーの向いは綺麗とは言えない川(堀?)が流れていて、道も歩きやすくなっていた。遠目から見ると綺麗なので、決して近寄らな過ぎず散歩すると結構気持ちが良い。

でも夜は注意。ゴキブリの大群と出くわすことになるので。

 

ハトに餌をやるおばちゃん達

 

何やら向こうで豪快になにかを撒く人を発見。

ん?なんだ?

 

ハトに餌やるおばちゃん

 

よくよく目を凝らすと、ハトに餌をやっているみたいだ。

ばっさばさばさばさ!!!!と大量のハトが餌をやっているおばちゃん目がけて集まっていた。

その下をみると、ハトの餌が川にも沢山撒かれていて、大量の魚が集まって餌をつついている。

すさまじい光景だ!!

しかもおばちゃんの持っている餌袋でかい。

きっと毎日の日課なんだろうな・・・。

 

コインランドリーの中

 

とそんなことに気を取られている場合ではない。

洗濯洗濯。

コインランドリーにはいつもおばちゃんが居て、そのおばちゃんに洗濯から乾燥、たたみまで頼むことも出来るが、セルフでコインランドリーを使うことも出来る。

中に入るとおばちゃんが来て、この洗濯機開いてる~みたいな感じで面倒見てくれる。洗濯パウダーがなければおばちゃんから買えるし、両替もしてくれる。

ちなみに洗剤は一袋5バーツ。商店で自分で買えば2袋で5バーツだった。

洗濯機2台と乾燥機2台(それぞれ30分×2)で170バーツだった。

洗濯している最中にコインランドリーから出かけていってもおばちゃんが見ててくれるから安心。勿論その場で待っていても良い。扇風機だけで暑いけど。

私たちは本を読みながらその場で待った。

おばちゃんはスマホでテレビを見たり、音楽を流して歌ったり。

時たま洗濯機がごおんどどどど!みたいな音だして激しく横揺れしてた。

しかし、暑い!!

この暑さ、洗濯機も横揺れするわ。本当最近暑いしか言ってない。

 

近くのお店で買ったドリンク

 

そんなんで耐えられなくなり、近くのお店で飲み物を買いに出かけたムラケン。買ってきたのは、マンゴースムージーとアイスカフェラテ。

これが美味しいのなんの。

グッジョブ!!

物凄いハマって毎日のように通ったお店になった。マンゴースムージーは40バーツでマンゴー丸ごといれてくれる。アイスカフェラテは30バーツ。安いし美味い。

コインランドリーを右手に少し進むと小さいお店がある。

 

ハマったジュース屋さん

 

こんな外観だから、見落としがちだが暖簾が出ている。お店の中が暗くてやっているのかわからないが、勇気を出して入ってみると超クーラーが利いたきれいめな店内になっている。

テーブル席は少ないけど、あまり知られていないのかいつもお客さんは居なかったから小さいお店だが気兼ねなく過ごせる。

私たちはこの日以来ここのスムージーの常連になった。

 

マンゴーかき氷

 

マンゴーかき氷なんかもある。練乳がたっぷりかかっていて、ちょっと一人で食べるには甘すぎるかもだけど。

おすすめ!

 

洗濯が無事に終わりおばちゃんに挨拶して出た。

ここのコインランドリーは二回行ったが、二回目はおばちゃんが覚えてくれたのか、帰る時初回とは違ってばいば~いと手を振ってくれて距離が近くなった。

こうゆう風にして、知らない町に来ても知り合いが増えていくものなのかもしれないな、と思った。

 

シャカトウ

 

シャカトウ中身

 

はじめてみる果物を発見。

シャカトウというものだ。黒くなっている物が食べごろで緑いろのものはまだ熟れていないらしい。

皮は簡単にぽろぽろ剥ける。実はとても甘くてねっとり感がある。堅い黒い種が沢山あり、その周りの白い部分を食べる。

とても美味しい。

 

サラ

 

これはサラというもの。

とげとげした硬い皮で覆われていて、痛い痛いと言いながらその皮を剥いていく。

 

サラの中身

 

サラを全部剥くと

 

中の実は柔らくて甘酸っぱい。独特の臭さがある実もあるが味はすごく美味しい。これも種がある。

 

ロンコーン

 

これはロンコーンというもので、見た目は龍眼に似ている。最初龍眼かなと思っていたが違うらしい。

 

ロンコーンの中身

 

中身はライチに似た形状だが、味はライチよりも甘さが際立つ。龍眼に味が似ている。

 

さてチェンマイ、もう少し散策しようかな!


 

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

ぽちっと押していただくと私たちのブログランキングが上がります。

いつも読んでいただきありがとうございます!!

現在地情報はツイッターから

この時滞在していた宿はコチラ⇒セントラルゲストハウス

 

スカイスキャナーならいっぺんに航空券の比較ができます。

口コミを見るのは宿探しには必須です。現地払いで安心!



Booking.com