絶景舞踏

旅記事134 アユタヤからバンコクに電車で移動、当然のように遅れる


アユタヤの遺跡付近にはなぜか屋台が殆どありません。小腹空いたなと思ってもどこかの店に入らなくてはならないことが多いです。

アダムプレイスは自転車レンタルが無料なのをいいことに、「ちょっと飯食い行く」時にも自転車を借りていきます。便利です。もはや殆ど勝手に使ってる状態。

ストリートランプ ストリートランプ

アユタヤにもショッピングモールがありました。そのすぐ近くにあったカフェダイニング「Street Lamp」。フレッシュジュースと焼き飯、パスタを注文しました。ここには人懐っこくてお腹の大きなわんちゃんがいたので、今頃は仔犬が沢山いるのかも。

 

アユタヤはチェンマイのような長居できる町ではないように感じます。チェンマイと比べると物価もやや高めだし、野犬がとても多くて暗くなってからの外出も難しくなります。

というワケでさっさと移動してしまいます。次の目的地は、バンコク。

バンコクへはバスか電車での移動となります。電車はコンスタントに遅れるらしいとのことでおススメされていることは殆どありません。が、我々は特に急いでいるわけでもなかったのと、終着駅がクルンテープ駅(フアランポーン)でそこからは地下鉄を使えてアクセスが良いという点にメリットを見出し、電車を使ってみることにしました。

 

アダムプレイスは朝食付き。チェックアウトの日も急ぐこともなく、ゆっくりと食事にありつきます。

アダムプレイス朝食

フルーツはソンブ。見た目は赤いピーマンのようですが、食べてみるととてもみずみずしい、和梨のようです。

色々とお世話になったので万琵が千代紙を出してきて、感謝の鶴を折ります。

鶴

鶴と、今回は箱も折ってました。出ていくときに呼び止められ、何かと思ったらお土産に象をかたどったちりめんのようなキーホルダーをくれました。こういうのはすごく嬉しい!

アダムプレイスからアユタヤ鉄道駅までは500メートルくらいです。その間になんと、川渡しのボートに乗ります。

アユタヤ駅まで

渡し舟はたしかひとり10バーツ。川は汚いので決して優雅ではありません。

アユタヤ駅

船から降りて道なりに進むとすぐにアユタヤ駅が見えてきます。この周りには屋台がけっこう出ていました。

きっぷ

アユタヤからバンコクまでは2時間弱の予定で、ひとり15バーツです。

待合所と線路

待合所は線路側の他に駅舎の中にもありましたが、外国人旅行者と地元の人で混み合っていました。

線路と万琵

バンコク行の電車は向こうからやってきます。

バンコク行

どっちがバンコク方面だ?って心配の方にも解りやすく、書いてくれちゃってます。やってきた電車は、ぼろっちい(笑)

電車内

けどなんか和むデザインです。木でできた・・昭和を感じさせるような。

おべんとう

電車といったらお弁当ですね。車内販売を買ってみました。後ろのおっさんは寝ちゃいました。食べ進めてみて気がついたんですが、ソースが米の中に袋ごとねじ込まれてました。上に置いといてくれ。

草原を走り抜ける

電車は草原地帯を駆け抜けていきます。

バンコクに近づいていくにつれ、だんだんと第二次産業的な風景になっていきます。まだ快走です。

建造中

そしてそろそろドンムアン空港駅か、という辺りで電車が急にストップしました。そこから10分、20分・・・エアコンもないので暑い、そして一向に進まなーい!なんでだ!?さっきまで全く停まるそぶりを見せなかったのに。

駅でも何でもないところに停まってはいましたが、あまりに長い時間そのままなので乗客が降りて散歩に出たり、どこからか行商人がやってきて商売を始めたりしました。なんだこの時間は・・・?

そして停まっているうちにいつしか雨が降り始めました。その雨も弱ることなくしとしとと降り続けます。数十分経ってようやく電車が動き、ドンムアン空港駅に到着しました。これはもう、わざとですねきっと。飛行機の時間に合わせて乗っていた人がいたら悪夢です。

そこからさらに停まったり動いたりを繰り返し、ようやく終点のクルンテープ駅に到着しました。雨は、まだ降っています。

クルンテープ駅

我々の宿はそこから電車を再び乗り継ぎ、オンヌット駅(On Nut)から徒歩で5分程の所にある「トリカホステル」というところでした。このホステル、日本人スタッフが常駐してくれているので、何かにつけて話が出来るのが嬉しいところです。

雨が降っているので、急ぐ旅でもなし、オンヌットのフードコートで休憩しがてらちょっと早い夕食を取ります。

オンヌットのフードコート

かつ丼があったので久々の日本食に(ひとりで)沸き立ち食べてみました。日本食コーナーに堂々とビビンバがあったのは愛嬌ですね。

雨は上がらないけど暗くなってきたから出なければ、と宿を探しに出るも、なかなか見つからない!完全に夜になり、雨も土砂降りレベルになってきています。うへぇ。

トリカホステル

散々歩き回ってようやく見つけました。今回は、久々のドミトリー。

 

電車の旅は風情があって良いものの、タイ国鉄はやっぱり遅れるものですね。そして万琵の雨女炸裂。


 

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

いつも読んでいただきありがとうございます!上の画像をクリックでランキング向上にご協力をお願いします。

現在地情報はツイッターから

この時滞在していた宿はコチラ⇒トリカホステル

 

東京~バンコクのように就航数が多い路線は安くなりやすいです。スカイスキャナーで最安を一発検索!

 

宿の検索はブッキングドットコムから。
Booking.com