絶景舞踏

旅記事173 アジア・アフリカ会議博物館とバンドゥンの人々の光景


バンドゥンの観光名所はさほど有名ではないかもしれないが、郊外に行けば自然の観光地が沢山ある。ciwideyという高原はkawah putih というパトハ山の火口湖で硫黄の匂いがたちこめるけれど絶景が広がっているらしいし、温泉や苺刈りなんかもできるみたい。

私たちが泊まっていたケナンガンバンドゥンホテルでも郊外の観光名所を周るツアーが用意されていた。

ジョグジャで一緒の部屋になった二人組の女の子はバンドゥンからジョグジャに来ていて、私たちとは逆のルートをたどっていたので、私たちはバリのことを、彼女らはバンドゥンのことを少し教えあった。

彼女らは火口湖にも行ったらしく素晴らしいと言っていたが、思った以上に高いツアー料金だったので、私たちは郊外に行くのは断念した。

郊外の観光地に行かないとなると、本当にバンドゥンではやることがない。

町はもううろついてしまった。毎日ホテルでNHKを観ているワケにもいかないので、この日はアジア・アフリカ会議博物館に行くことにした。バンドゥン会議やAA会議とも言われているこの会議は歴史が好きな人は結構興味がある場所なのではないだろうか。

 

バタゴール

 

その前に食事だ。

バンドゥンはスンダ人という人々の町らしく、インドネシア料理以外にスンダ料理というものが食べられるらしい。これはバンドゥン名物のバタゴールというもの。揚げた餃子に濃厚でピリ辛なゴマソースがたっぷりかかっている代物だ。

日本の揚げ餃子に見た目は似ているが、味つけは全然違う。餃子の中身はひき肉ではなく、練り物が入っている。うん、結構おいしい。

 

バンドゥン会議博物館の前1

 

バンドゥン会議博物館の前2

 

アジア・アフリカ会議博物館の前に着くと、なにやら沢山の人々がいた。

ロボットもいるし、あれ?向こうにはピカチュウがいるぞ。その奥にはミッキーがいるのも見える。

ん?この人たちは一体・・・

 

バンドゥン会議博物館の前3

 

え~・・・

 

バンドゥン会議博物館の前4

 

あっ!さっき可愛い着ぐるみを被っていた人、脱いじゃったらごついおじさん中から現れたし!

あやしい!あやしすぎる!この写真!!

この日は博物館の隣の広場でHONDAのPRキャンペーンかなにかをやっていて、出店も出てたりして人が結構遊びに来ているみたいだった。

一緒に写真を撮らせて、チップを貰う人々みたいだ。

それにしてもドレスを着た可愛いキャラクターの中がごっついおじさんとは・・・めっちゃタバコ吸っているし。

子供のためにも見えないところで休憩してくれ!!(笑)

 

バンドゥン会議

 

さてさて博物館に入ろう。

博物館は12時から13時は休憩時間で閉まってしまうので注意。入場料は寄付制。

 

バンドゥン会議2

 

中に入るとまず出迎えてくれるのはバンドゥン会議に参加した国の旗と会議の様子の模型。

バンドゥン会議は1955年の4月18日~24日に開催され、29か国の国が出席した。勿論日本も参加している。

2015年にはバンドゥン会議60周年を記念する首脳会議が開かれて、安部首相が出席している。

 

当時の新聞

 

当時の新聞をみることができる。

 

日本の出席者

 

参加者

 

日本からは高碕達之助経済審議長長官を代表して計10数名が参加したらしい。

 

平和宣言

 

平和10原則が書かれている。

 

会議室

 

実際に行われた会議室にも入ることができた。

なんだか感慨深い。

 

平和

 

アジア・アフリカだけでなく早く世界が平和になることを祈る。

 

バンドゥングラウンドモスク

 

博物館を出て右に進んでいくと、大きなモスクが見えてくる。モスクの横には大きな広場があって、人々はそこでリラックスしていた。

 

亀がささえている

 

この辺一帯は道も綺麗にしてあってごみも落ちていない。

亀が花壇を支えている。

 

インドネシアの市民と一緒に

 

なぜかそこの前の道端で学生風の地元民に写真を一緒に撮ってほしいと頼まれた。

若い子たちの中で外国人と写真を撮ることが流行っているみたいで、友達に自慢するようだ。

そういえばジョグジャカルタでも外国人が地元の若い女の子たちに写真を一緒に撮ってと頼まれていたのをよく目にした。

私たち的にも良い記念になって嬉しい。

 

結婚式の写真

 

そして結婚の記念写真を撮っている地元カップルもいた。

こうゆう感じのドレス着るんだなぁ~ふむふむ。

 

屋台

 

屋台で買った餅みたいなもの

 

また少し歩くと屋台みたいなのがあって、なんだろうと覗いてみるとなにやら餅みたいなものを焼いていた。

美味しそう!とひとつ購入。

硬い餅の間に肉髭が挟まれている。

餅はのびるものでしょ!とはじめは思ったが、これがすごく美味しかった。もち米ではなく米を固めて焼いてある。焼おにぎりみたいなものだ。

 

ホテルの近くの屋台

 

そして帰りがけにもう一品。

ホテルの近くでいつも出ているバクソ。私はあんまりバクソが好きではないのでムラケンが一人で食す。

 

バクソ

 

麺は勿論インスタント麺。

それぞれの屋台によって若干味は異なるが、共通しているのは化学調味料の味だ(笑)

これでもかと言わんばかりに目の前でたっぷり入れられる。

そして汁はしょっぱい。屋台の食べ物は、試しに食べるぐらいが良いだろうと思う。

 

道端でゲームに興じる人々

 

屋台の周りには人々が集まりチェスに熱中している。バクソを作ってくれたお兄ちゃんも作り終えるとチェスの仲間入り。

今日もバンドゥンはのんびりと時間が過ぎていく。

私たちはなにもないバンドゥンに5泊もしてしまった。十分ゆっくりできた。

移動の日がやってくる!!


 

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

ぽちっと押していただくと私たちのブログランキングが上がります!いつもありがとうございます!

現在地情報はツイッターから

 

この時滞在していた宿はコチラ⇒ケナンガンバンドゥンホテル

 

スカイスキャナーは本当に便利です!でも情報が古い場合もあるので注意!特にLCCの料金はコロコロかわるので、スカイスキャナーの表示されている価格と違うときが多々あります。