絶景舞踏

旅記事227 パアンからヤンゴン国際空港へ そしてまたクアラルンプール


万琵の熱も下がり、ヅウェカビン山を堪能して、ミャンマー最後の町パアンともお別れになります。

ビールで乾杯

ソーブラザーズ2のスタッフに朝7時発のヤンゴン行のバスをとってもらい、最後の夜はミャンマーのビールで乾杯。

自信ないけどこれ多分ミャンマーのビールで間違いないと思います。

そして次の日も、早起きです。

朝靄のヅウェカビン山

朝のヅウェカビン山は霞がかってまだ眠そうです。でもこの山にもこの時間から既に登ってる人いるんだろうなぁ。

翌朝6時50分に宿のエントランスに来てと言われ、バスの時間ギリギリなのに大丈夫なのかと思いましたが、パアンのバス乗り場を出た長距離バスがソー2のすぐ近くを通るためその場で拾ってもらえます。バスの出発時刻の少し後までにその道に出れば大丈夫でした。

路上でバスを待つ

さらにスタッフの一人が同行してくれたので安心です。

ちなみにバスはひとり5,000チャット。ヤンゴンから来た時の半額やないか。

湖に出る漁船

目の前のタンルウィン川では漁船や犬が活動を始めていて、畑にナスが植えてありました。のどか極まりないっす。

やがてやってきたバスをスタッフが止め、我々が乗り込みます。これであとはヤンゴンのアウンミンガラーバスセンターに着くのを待ってればよいということに。

なんだかあっという間に時間が過ぎ去った気がします。万琵が熱だしてしまったり移動にちょっと苦労したりしましたが、パアンはいい町だったなぁ。

タナカ一家

我々の席の向こうにはタナカ一家が。ドリンク飲んでる少年タナカ(顔面フルバージョン)は松本大洋作品みたいですね。

ツーリスト向けでない、ローカルの長距離バスのため、途中で停まっては何かを積んだり誰かを乗せたりなにか音を流したり、ゆっくりゆっくり進んで行きます。まあ急ぐ旅じゃなし、バスの中で子供が喚いてもへっちゃらです。暑くて座り心地悪いけど。

あるところでバスが停まり、お昼休憩になりました。

SAでミャンマーカレー

ご飯が鍋ごときました。ここぞとばかりに食べまくる我々(主に僕)。この量で3,000チャットはお得でした。ましてサービスエリアの食事なんていつも高いのに。ここでミャンマーカレーも最後かな、そう思うと沢山食べずにいられません(笑)

バスから見える風景

そしてまた田舎風景に戻ります。

 

JICAミャンマー

ふと顔を上げると白い看板が。こ、ここれはJICA!彼らは色々なところで活動なさってますね。頭が下がります。

 

そうしてゆっくり進んだバスもやがてアウンミンガラーバスセンターに到着しました。

降りたら必ずやってくる勧誘。「どこに行くんだ?」「バガンか?」「マンダレーか?」などを軽くあしらってバスセンターの敷地を出るところでタクシーを拾います。タクシーに告げる行先は、ヤンゴン空港。

アウンミンガラーバスセンターから空港までのタクシー代は4,000チャットでした。近いんだと思っていましたが、車に乗ると20分くらいかかって思いの外距離がありました。料金交渉は最初に済ませてるから回り道する理由はないのでこれが最短だったんでしょう。

ヤンゴン空港

空港は近代的な作りです。

空港内

内部は綺麗ですがプレミアムラウンジがありませんでした。あっケンタ発見。

ヤンゴン空港ケンタ

見つけちゃったからには、食べます(笑)

 

次の予定はモルディブです。が、先にクアラルンプールに寄って色々と物資調達をすることにしました。

コーヒービーンズ

ラウンジがないので飛行機を待っている間はコーヒービーンズでまったりと。当たり前だけどカフェはラウンジと違ってお金が掛かります。ミャンマーチャットを残しても仕方がないので持っていたお金を全部ぶちまけて「これを全部使ってしまいたいんだけど~」というと、ちょっとオーバーした料金のコーヒーを出してくれました。ミャンマー人やさしい。ていうかチェーン店なのに、そういうの大丈夫なの?

ヤンゴンからクアラルンプール国際空港のフライトは約3時間。時差はミャンマーと比べ、マレーシアが1時間半進んでいます。

KLIA2に着いたのは23時45分、真夜中です。クアラルンプールはそれでもエアポートバスでKLセントラル駅まで行けるし、宿も24時間空いている所が多いので夜中着でも比較的安全に安宿に入ることが出来ます。

そしてKLIA2には到着した旅客にも使えるプレミアムラウンジがあります。到着してすぐにそのラウンジにお邪魔して軽くお粥なぞをいただきました。

おなじみのラウンジ粥

ちなみにクアラルンプール入りは3回目。

3回目

その後エアアジアの経営するスカイバスに乗ってKLセントラル駅へ。

我々の今回のクアラルンプールでの宿はKLセントラル駅から徒歩3分のところにある、ジョイインホテルという宿です。一階が個人スーパーになっていてお酒が異様に安い宿でした。

ジョイインホテル

部屋は狭いですが重慶マンションほどでもないし、綺麗で専用のバスルームもついているので悪くありません。朝食が付いていることと駅へのアクセスが最大のメリットでしょうか。Wi-Fiは弱いです。というか殆ど通じません。

今回のクアラルンプールの目的はモルディブに安く移動するまでの待機と物資調達です。とナシレマを食べること!


 

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

アフリカ大陸に入ってからWi-Fiの弱さに辟易しておりますが、頑張って更新していきます。気長に期待してお待ちください!

現在地情報はツイッターから

 

この時滞在していた宿はコチラ⇒ジョイインホテル

 

空港ラウンジを利用するには楽天プレミアムカードの特典を利用するのが一番!

 

ヤンゴン行航空券はスカイスキャナーでお得なのを探せます。