絶景舞踏

旅記事244 スリランカ鉄道で修行。ヌワラエリヤからエッラ


茶畑見学の次の日はヌワラエリヤを離れ、次の目的地「エッラ」に向かうことにしました。

ナーヌ・オヤ駅にあった時刻表を見る限り、9時半発の電車があるのでそれに間に合うようにヌワラエリヤ~ナーヌ・オヤのバスに乗ります。朝は何時からあるのか、時刻表はあるのか、バスターミナルのおっちゃんに事前に訊いてみたところ「すごいいっぱい出てるから気にすんな!」とのこと。しつこく訊いたら朝は5時前から出てて、20分おきくらいに出てるとのことで、ようやく安心できる日本人の我々。

ヌワラエリヤバスターミナル

ヌワラエリヤバスターミナル。ごちゃごちゃしているので分かりづらいのですが、その辺の人に訊いたらすぐに「これだよ」と教えてくれました。

ナーヌ・オヤ行バス

ヌワラエリヤ~ナーヌ・オヤのバス。ひとり25ルピー。18円くらい。行きの時に乗ったスリーウィラーが値段交渉の末250ルピーだったことを考えると破格ですね。

バスからの景色

スカッ!とは言えませんが、太陽が明るく青空も覗いています。土地ギリギリまで敷かれている茶畑も輝いています。いい天気ですね。

地元の人を乗せたり降ろしたり、ゆっくり進んで15分ほどでバスはナーヌ・オヤに到着しました。降りた所は幹線道路のど真ん中。以前にバスから駅までは600メートルくらいある、と聞いていたので駅前で降りるハズはないと思っていましたが・・・どこに駅があるの?

ナーヌ・オヤ

取り敢えず人のいる方、建物のある方(写真でいう右側)へ歩いて行くと、道路に隠れた下り坂が見えてきました。その道を降りていくと・・・

駅が見えてきた

左手に駅が見えてきました。うん、たしかに600メートルくらい。

綺麗な時刻表が

駅の中には綺麗な時刻表が。あれ、見やすい。我々はバドゥッラ方面のエッラ行9時半に乗るつもりです。この時の時間は9時25分。結構ギリギリです。

改札前にチケットブースがあるのでそこで一応2等席があるか訊いてみますが、やはり完売していました。じゃエコノミーの座席を取りますか。え、なに、完売?立ち乗り!?

仕方ない、電車来ちゃうから立ち乗りでもいいや、天気もいいしエッラまでは2時間くらいだからちょっと頑張るだけだ。とチケットを購入したところ、チケット係の人から「電車けっこう遅れてる」と一言。なあんだ、焦る必要ないね。ちなみに当日購入のため、チケットはローカル価格のひとり60ルピー。

ナーヌ・オヤ駅ホーム

ホームから。いたって長閑な風景。癒されます。

犬もいる

犬がいます。線路の上や貨物車の辺りで犬が5頭くらい遊んでいました。暇だなぁ。

電車いつ来るか知ってる?

スズメに訊く

わかんない。

・・・暇すぎてスズメとやり取りしていた万琵。

電車が来たのは結局12時でした。2時間半遅れです。ていうかこれ次の電車なんじゃない?

デッキで立ち乗り

ようやくきた電車に乗ります。当然座るところはなく、デカい荷物を支えつつデッキで立ち乗りです。せ、狭い・・・

昼になりちょっと暑いので、電車のドアを開けたまま走っています。もちろん手動ドアなので開けるか閉めるかはこっちのさじ加減です。

電車は走る

快走!落ちたら危険ですが、ドアの無いこの疾走感は気持ちいですね~。

あれ、雲行きが・・

相変わらず茶畑は整然として美しい緑です。がしかし、雲行きが・・・。

山から霧がぁ

山から霧が降りてきた~!雲よ、耐えてくれ!

霧が迫ってきた

ますます迫ってきました。もうこれは一雨降りますね。

濃い霧が・・

濃い霧が村を覆っています。一雨どころじゃなく、土砂降りになるかも・・・

だぁ~!降ってきた!激しい雨!

ドアを開けていると横殴りの雨がどんどん入ってくるので閉めざるを得ません。閉めたら閉めたで、蒸し暑い。。しかも、ドアを押さえつけておかないと強風で勝手に開きます。

まぁあともう少しでエッラに着くハズだから、このまま貝のように耐え忍んでいれば乗り越えられる。と思ったら電車が止まりました。なんでやねーん!

牛のように進んだり停まったりする電車。ドアと荷物を抑えつつ、服を着たままミストサウナの中にいるかのようにじっとりとした空間で流れる汗を拭うことも出来ずにじっとしているこの時間・・・修行だ。徳を積めちゃうのか?

 

エッラ到着

着いた~!到着時刻は15時半。永遠に続くと思われた停車時間も、実際には30分くらいだったみたいです。修行が足りないですね。

雨はまだじっとりと降り続いています。

エッラ駅時刻表エッラからの料金表(予約)エッラからの料金表(当日)ルートマップ

エッラ駅にあったスリランカ鉄道の時刻表と料金表(予約料金と当日購入料金)、ルートマップです。画像をクリックすると別ウインドウで大きい画像が見られます。

エッラの町

エッラのメインストリート。今は閑散としているように見えますが、エッラは欧米人に人気の土地らしく、欧米人向けのレストランやカフェが沢山あります。アクセスのよいタイのチェンマイほど欧米化してはいませんが、数年後にはチェンマイのようになっているような予感がします。

 

今回の宿はエッラゲストインというところ。メインストリートから少しだけ路地に入ったところなので、静かな宿です。

宿に向かう途中の電線になにかぶら下がっていました。

電線に何かぶら下がってる

なんだろう?

ズームしてみた

ズームしてみたら、コウモリに見えますけど。でも動かないし、こんな大きいのはオモチャでしょ?よくドン・キホーテに売ってるビックリグッズでしょ?

エッラゲストイン エッラゲストイン

部屋とバスルームはこんな感じ。庭が広く、一角で新しい建物を作っていました。朝食も付いています。

だいぶ後でスリランカの人に訊いたら、さっきのコウモリは本物ということでした。「電線にとまって感電死した個体」ですって。電線だけに触れてるのなら感電しないと思ってましたが・・・なんか他の物体に接触してしまったんでしょうかね?他の電線に触れたとか?

コウモリはさておいて、雨が上がったのでちょっと散策します。

 

生地を回す職人

晩御飯はここにしました。ロティという小麦粉で出来た薄い皮で、春巻きのように具を巻いたものが人気のようです。

夕食

チーズロティとフライドライス、寒かったのでトマトスープとお茶も注文しました。全部で970ルピー(700円くらい)。

さすが欧米人向け、見た目も味もよいよ!


 

 にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

いつもご愛読ありがとうございます。ポチっとランキングへのご協力もお願いいたします!

現在地情報はツイッターから

インスタグラム

インスタグラム始めました。フェイスブックからでも見られるようになっています。

 

この時滞在していた宿はコチラ⇒エッラゲストイン

 

スリランカへの格安航空券をお探しならスカイスキャナー